ニコちゃん備忘録

消化しきれない、もしくは覚えておきたいアレやコレたち

理不尽で無秩序で無遠慮で、私のことが大好きな人

 おはようございます。今日は珍しく早起き出来たので、ニコちゃんが生まれてから初めて朝マックしました。ずるい苺チョコパイでも、と思っていたのですが、鬼滅の刃のシールを見つけ、うるさすぎてハッピーセットを買ってしまいました…。朝から470円。高級朝ご飯(しかも家でしらすチーズトーストを食べたので、2度目の朝ご飯)でした。

 ◆

 昨日の朝のこと。ニコちゃんは、朝は基本的に起こしても起きない。けれどもやっぱり睡眠よりもママが好きで、目を瞑りながらママの声に反応して、ママにしがみつく。可愛い。

 朝ご飯よりもママが好き。朝ご飯はママの膝の上。少しでもママが離れると泣く。一昨日から私が体調不良であまり構ってあげられなかったからか、昨日は特に酷くて、膝の上で立ち上がるものだから、痛くて乗られるのを拒むと大泣き。被害者であるママがさも悪いかのような振る舞いに、ただただ痛さを我慢して、キレないように感情をコントロールして傍観する他なかった。痛みは我を失ってしまいそうになる。

 何とかご飯が終わって、YouTubeが観たいと駄々を捏ねられたので、1つだけと約束するも、簡単に反故にされる。「早く着替えなさい!」と、何度も言っていたことを、声を大きくして繰り返すと、途端に顔を歪めて大号泣。

 ◆

 ニコちゃんは、私が不機嫌になったり怒ったりすると、すぐに泣く。そうは言っても、私も人間で、いつでも機嫌良くいられる訳ではない。休憩だって欲しいし、体調の良し悪しだって、機嫌の良し悪しだってある。けれども、ニコちゃんにとったら、ママが世界の全てみたいなところがある。優しく出来ない時の罪悪感はハンパない。それがとても苦しいと思う時がある。

 毎日が修行みたいで、時々どこかに行きたくなる。そんな時は、Instagramじゃらんで旅館の写真を見たり、カフェの写真を検索したり、お菓子や料理のレシピを見たり、漫画を読んだり、小説を読んだりして気を紛らわせる。それでも足りない時は、本当に旅行する。コロナだとそうした事も憚られるので、鬱憤が溜まる。

 鬱憤が溜まると、ブログを書く。自分の感情を整理する。少しスカッとする。日常のコミュニケーションが不得意な分、こうして文を書いたり、絵を描いたりすることがストレス発散になる。何かを表現することは、フラストレーションの解消にピッタリだと思う。

 ◆

 ニコちゃんは私と違って直情型で友達も多くて少し安心なのだけれど、姉の上の子は私と同じ匂いがするので親近感が湧く。絵を描くことがストレス発散になるタイプの子。ニコちゃんは歌ったり踊ったり変顔をすることが大好きな子。将来、どんな職業に就くんだろうか。自分とタイプが違う子を、どうやって手助けできるだろうか。ぼちぼち考えます。