ニコちゃん備忘録

消化しきれない、もしくは覚えておきたいアレやコレたち

今は永遠じゃない

 こんにちは。三歳の女の子を育てているアラサーウーマンです。昨日の夜、寝かしつけをしながら感じたことを、書き留めたいと思います。読んでいただけると嬉しいです。

 ◆

 娘を一歳の時から保育園に預けているのですが、迎えに行くと、いつもダッシュからのタックル気味のハグをされます。周りのママやお子さんを見ていても、同じように皆ダッシュハグしているので、当たり前のことのように思っていました。

 けど、こんな風に全力で「大好き」と伝えてくれるのは、いつまでなんだろうかと、ふと考えました。大きくなるにつれ、抱き着く子は少なくなるかも知れない。小学生になったら、自分一人で帰って来なきゃならなくなる。中学生になったら、ママのことを大嫌いになるかも知れない。

 今は大好きだと言ってくれるし、抱っこをねだってくれるし、キスだって唇を近付けるだけでしてくれるけど、してくれなくなる日はきっとそう遠くない。素直で全力の愛情表現を受けれる期間は、それほど長くないのだと思うと、今まで惰性で受け答えしてしまっていた我が子の愛情表現が、とても貴く感じました。

 ◆

 ないものを得るための努力も大切ですが、今あるものへの感謝も、幸福度を上げるためにとても大切なことのように思います。つい忘れがちな当たり前なことを、忘れないように気をつけたいです。眠たかったり、疲れていたり、お腹空いてたりすると、すぐ忘れるんですけどね。休憩は大切ですね。

 というわけで、そろそろ寝たいと思います。明日また頑張ります。おやすみなさい。